台風前後にチェックしたい雨漏りの対策や修理、業者の選び方

家の雨漏りを発見した時は、修理費用やどこの業者に頼めばいいのか不安になりますよね。

特に雨漏りは緊急性を要するので、早く補修したいと不安になって近くの業者というだけで選びがちです。

 

ですが、2度と同じことがないように、しっかりと直すためにも間違いない優良な業者に依頼することが大切です。

そこでこちらでは、最適な業者の探し方や、雨漏り修理にかかる費用、対策までわかりやすく紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

雨漏り修理は応急処置した後はすぐ業者へ依頼すること

家の雨漏りを発見した時、まずブルーシートをかぶせるなどの方法で応急処置することもあるかもしれません、

ですがもし業者を呼ぶことができるなら、自分で何とか解決しようとぜずに専門の業者に頼みましょう。

 

屋根などを補修したい場合は、はしごや脚立から転落してしまう危険もあります。また雨漏りが原因で漏電することもあるため十分な注意が必要です。

一時的な処置ではなく、丁寧に正しく施工してくれる業者に頼むことが大切です。

 

雨漏り修理業者の選び方

多くの方は、屋根から雨漏りしているから、とりあえず屋根塗装の業者に連絡しようとしますが、それでは不十分です。

できれば、『雨漏り診断士』が在籍しているリフォーム業者がおすすめです。

 

雨漏りの原因をつかむのは、実は住宅のリフォーム経験が豊富な業者にとっても難しいのが現実です。リフォーム業者にお願いしても「雨漏りを止められなかった」という例も少なくありません。

 

ですが『雨漏り診断士』が在籍しているリフォーム業者を自分で探すとなれば大変ですよね。

そこで無料で厳格な加盟審査をクリアした優良リフォーム会社を紹介してもらえるリショップナビ というサービスを利用するのがおすすめです、

 

屋根修理業者から簡単に見積もりを取ることができるリショップナビ

 

屋根修理業者に依頼するには無料で厳格な加盟審査をクリアした優良リフォーム会社を紹介してもらえるリショップナビ というサービスがあります。

リショップナビでは、簡単な見積り申し込みで、カスタマーサポートから、希望にぴったりの会社を紹介してもらえます。リフォームに関する不安や疑問点など相談できたり、厳しい審査に通過した会社の紹介や安心の保証制度もついているので、自分一人で探すより、効率的に比較検討ができます!

相性の良いリフォーム会社に出会えれば、予算やローン計画にも配慮しながら、適切な方法で補修してもらえます。

雨漏りの破損や老化をを長い間放置してしまうと、建物の寿命を縮めてしまいます。

雨漏り発見したら、早めにリフォームを実施しましょう。
状態がどんどん悪化してしまうと、他の箇所にも影響しやすくなる上、改修費用も膨大になってしまいます。

雨漏りを修理・補修するためには、壊れてしまった原因と適切な対処法をしっかり理解しておくことも大切です。

雨漏れの補修・修理が得意な
\リフォーム業者を探すならこちら/

 

雨漏りの修理費用相場

雨漏りの修理は、原因となっている箇所がどこであるか、被害の大きさなどで変動します。

一般的な修理箇所別に確認してみましょう。

雨漏りした箇所 修理費用相場
屋根の雨漏り修理 1~45万円
外壁の雨漏り修理 5~50万円
天井の雨漏り修理 10~15万円
ベランダ(バルコニー)の雨漏り修理 3~25万円
窓サッシ・天窓の雨漏り修理 3~25万円
屋上(陸屋根)の雨漏り修理 20~100万円

 

こちらを確認しておくことで業者との話し合いの時に役に立ちます。覚えておきましょう。

 

雨漏り防止のために!台風前にリフォームで対策

 

どうしても雨漏りは、台風後の修理と考えがちですが、台風前に定期的にリフォームすることで、台風や豪雨が来ても、雨漏りの発生を防ぐことができます。

あなたの家にリフォームが必要なのかこちらをチックしてみましょう。

天井のシミや劣化はないか?

まず、天井にシミがないかチェックしましょう。天井にシミを見つけたら、雨漏りしやすい状態になっているかもしれません。

ベランダや屋上は放置しっぱなしではないか?

ベランダ・バルコニー・屋上は、5年毎に床表面のトップコートの塗装、10~15年に一度は防水層(FRP・ウレタン・防水シートなど)のリフォームを行うのが理想です。

日頃からベランダや屋上に排出されている水の流れが悪くないかどうか、点検しておくと安心です。

外壁・屋根は10年に一度を目安に定期的にメンテナンスを しているか?

雨漏りは屋根からだけではなく、実は外壁からの雨漏り被害も多いです。

素人ではわかりにくいので定期的に業者に見てもらうことが肝心です。外壁・屋根の塗膜やコーキングなどはいずれも10年前後で劣化します。

10~15年毎に業者に点検してもらい、必要に応じて補修などを実施しましょう。

 

このように定期的にリフォームを行っていくことで、台風や豪雨が来ても、雨漏りの発生を防ぐことができます。

 

台風被害を最小限に抑えたい方、自分でチェックできない方は事前に業者さんに頼んでおきましょう。

 

リショップナビでは、簡単な見積り申し込みで、カスタマーサポートから、希望にぴったりの会社を紹介してもらえます。自分一人で探すより、効率的に比較検討ができるので利用してみましょう。

 

雨漏れの補修・修理が得意な
\リフォーム業者を探すならこちら/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です